FC2ブログ

『ピンチはチャンス』・・・なるほど納得!

2015.08.18.08:00

先日宮崎市文化ホールにて第11回南九州小編成吹奏楽コンテストが開催されました。
鹿児島県をはじめ、沖縄、宮崎、熊本、大分の中学校、高等学校の県代表が終日素晴らしい演奏を行い、鹿児島県の霧島中学校、県立奄美高等学校の2校が最優秀賞に輝きました。
suisougaku.png


中学、高校の3年生は今回のコンクールが最後の演奏ということもあり、演奏が終わったチームごとに涙を流しながら喜び合っている姿がとても感動的でした。県代表というプレッシャーの中、ここまで来るまでの日々の練習は想像以上に辛い事もあったようです。参加校の生徒さん一人ひとりの涙の中にも、これで終わったという安堵感いっぱいの生徒や、さあ明日からまた頑張ろうという輝かしい目の生徒など、心の底から吹奏楽がとっても大好きという印象をひしひしと感じさせてくれました。


中でも沖縄県代表の高校は部員が足りない状況でも、1人3役(例:トランペット・サックス・ホルン)の生徒3名が楽器を代わる代わる演奏して、充足しているチームと変わらないというか、より楽しく素晴らしい音を奏でているように思えました。やはり思った通り最後の表彰式の中で、本日とても輝いていた演奏者に贈られる「きらめき賞」もこの3名が選出され、観客全員が拍手喝采のうちに幕を閉じた大会となりました。

gassyou_onpu.png


最後に、我々は何も不自由のないこの世の中で、失敗を恐れるがあまり行動しないとか、すぐに言い訳をする習慣が身に付いているのではないか、また大好きなことができる環境に感謝する気持ちがあるからこそ、沖縄の高校生3名は部員が足りない状況を後ろ向きに捉えず、足りない状況をより楽しく遣り甲斐の境地というか、誰よりも自分達は恵まれていると前向きに捉えられたからこそ、3つの楽器を代わる代わる魔法でもかけているかのように奏でることができたのでしょう。

「ピンチはチャンス」という言葉の意味をより深く心に刻むためには、そのピンチの瞬間、『何を思い描き、どう行動出来るか』にかかっているのだと確信します。
その貴重な瞬間(ピンチ)を楽しみに待てる人間になりたいと心から思える行動をみせてくれた沖縄の高校生に心から感謝します。本当に、本当に素晴らしい演奏を有難うございました。

by現地リポーター&りりい

comment

Secret

プロフィール

しょうなん♪

Author:しょうなん♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR