平成24年度を前に思う事

2012.03.31.08:00

早いもので平成23年も今日が最終日ですね。

4月になると新入職者が入ってきます。
現場にもフレッシュな空気が生まれます。
とても楽しみです。

『出会い』もありますが『別れ』もあります。

この3月で昭南病院を去る仲間がいらっしゃいます。

別れは悲しく、寂しいものですが、
せめてもの救いは、目標に向かって前進しているという事。

病院で勤務しながらも、空いた時間で勉学に励み
目標に向かって努力していたようです。

新たな一歩を踏み出す仲間にエールを贈りたいと思います。

明日から平成24年度が始まります。
新しい仲間も増えます。

24年度も色々な情報を発信していきますので、
どうぞよろしくお願いいたします


   By   そん



水面下で・・・

2012.03.30.08:00

お昼が過ぎて穏やかな時間が流れる
昭南病院の事務室に
「ブログの作り方を教えてください!!」
と、看護部の方がやって来ました

話しを聞いてみると
看護部でブログを作ろうと計画中とのこと

ブログの作成は看護部長の提案で
しょうなん日記とリンクできるように
作成する予定だそうです

看護部は定期的に発表会や勉強会を行っており
そのたびにしょうなん日記でも紹介してきましたが
看護部も自分たちで作ってみたい
ということで今回の計画を進めているようです

今後どのように動くのかとても楽しみです

看護部のブログが完成した際は、
しょうなん日記でも紹介させて頂きます。


  by かまとも

緊急指令!

2012.03.29.08:00

同じ事務所で働いている職員さんが入院をしています。

そして、本日手術の予定です。

手術を明日に控えた昨日の朝礼で緊急指令が
緊急指令の内容は、
『今日中に千羽鶴を作成し、今日中に届ける!』
というもの

「業務もあるのにどうやって…。」
なんて考えるとワクワクしてきます

その気になった事務所の職員は業務の間に鶴を折っていきます。
パソコン入力 → → 書類作成 → → パソコン →
といった具合で、いたるところで鶴ができていきます。
つる3

つる4

企画支援部だけでなく、コメディカルや看護部など
色んな所属からも応援の手が…
つる5

何とか時間内に作ることができ、
入院している病院へ運ばれていきました!

そして、千羽鶴と一緒に届けられたのがこの写真
つる1

「早く元気になって!」
との思いはこの写真にも表れています。
なぜなら手には野菜ジュース
つる2

職場復帰を待ってます
でも、今はゆっくり休んでください


      By   ソン

ただ今五分咲き

2012.03.28.08:00

弥五郎伝説の里は桜の名所!
満開になるとそれはもう綺麗です

そんな弥五郎伝説の里で
3月31日に『やごろう桜祭り』が行われます。
桜まつり1

たまたま会場近辺を通りました。
「もう咲いたかな・・・」
と公園内を覗いてみましたが、
まだ5分咲きという所でしょうか。
さくら祭り3

満開とはいかなくとも
やはり綺麗ですね
さくら祭り4

『桜』と言えばやごろう苑も綺麗です
やごろう苑の写真はまたの機会に紹介させて頂きます



    By そん

夕日が入る廊下

2012.03.27.08:00

昭南病院はとっても良く陽が当たります

そして、夕方にはこんなにきれいな夕日が。
3月の夕日

そして、廊下に夕日が差し込むと
とっても綺麗です
夕日の廊下

慌ただしい毎日の中で
心が安らぐ一時でした

   
    By  ソン

地上で最も優しい歌声

2012.03.26.08:00

私事ですが、
中孝介さんのライブに行ってきました

みなさん中孝介さんをご存知ですか?
“地上で最も優しい歌声”と称され
鹿児島(全国でも?)では本格芋焼酎のCMソングでもお馴染みの
シンガーソングライターです

4年ほど前にも中孝介さんの生歌を聴いたことがありますが
感動で鳥肌が立ちました。

今回もとっても良かったです。
とっても優しい歌声で。

心が温かくなりました。

通勤中の車のBGMに中孝介さんはいかがでしょうか?
朝から優しい気持ちになりますよ

 

   By そん

腰痛教室

2012.03.25.08:00

一昨日、リハビリ科で腰痛教室が行われました

DSCF5846.jpg

今回は古武術に学ぶ介護 伝達
というテーマで介護現場の問題点を上げて
腰や肩に負担をかけない持ち方、運び方を学びました

DSCF5849.jpg

DSCF5851.jpg

一つ一つ丁寧に指導してくださって
時には笑いもあり、楽しく学ぶことができました

★ 介助時の姿勢改善
  ・機能的な姿勢をとる
    (体幹だけでなく股関節、膝関節の屈曲)
  ・肩甲骨まで参加した上肢の使い方

★ 効率の良い力の伝え方
  ・自分と相手の重心の位置を近づける

というのがポイントだそうです

ポイントを意識して
普段の生活の中(物を拾う時や持ち上げる時)
にも取り入れていくとより効果的です

腰痛の方も腰痛でない方も
予防・対策が必要です


身体のケアはとても大切です

スタッフのみなさん
とても良い勉強になりました
ありがとうございました

  by かまとも

ずっとそばに・・・

2012.03.24.08:00

今日は本の紹介です。

今日紹介する本は・・・。

ずっとそばに・・・   いもとようこ
ずっとそばに

今回の本は絵本です

絵本だと思って侮るなかれ!
「絵本だから最後はハッピーエンド・・・。」
なんて思っていたら・・・、
最後の一行は
「かみさま、どうか このこたちを おまもりください。」

なんだか切ない気持ちになります。
『大人のための絵本』とでも言いましょうか・・・。
娘と一緒に読んでいた私は涙でした

娘の絵本コレクションのなかにも
私のお気に入りが何冊かあります
またの機会に紹介します



     By そん

院長面談実施中!

2012.03.23.08:00

昭南病院では
所属長と部門長そして院長との面談の機会が度々訪れます。

ちょうど今がその真っ只中

お邪魔した時はMOSTのメンバーが全員出席で
院長面談に臨んでいました。
年度末院長面談⑤

MOSTの長である永岡主任は、所属長として出席するのは今回が2回目です。
中留看護部長に至っては、
部門長として参加するのは今回が初めてということもあり
「何を話せばいいの?」と戸惑っていましたが
入ってしまえば堂々と面談を行っています。
年度末院長面談②

昨日で看護部が終了ですが、来週まで院長面談は続きます・・・。
年度末院長面談①


   By   ソン

人と組織の向上セミナー

2012.03.22.08:00

3月20日の春分の日
昭南病院では研修会を実施しました

今回の研修は、映像を使用した『人と組織の向上セミナー』です。
講師は、先日昭南病院で講演会をしていただいた
大久保寛治さんの弟さんである大久保正剛さんです

講師がファシリテーターを務め、
グループ討議を中心に進めていきます。
3月20日②

映像を見る → 話し合い。
映像を見る → 話し合い。
話し合いのテーマはとてもシンプル
「どうしたらやる気がでるか」「人が生き生きとした職場とは」などなど
3月20日①

3月20日⑥

映像を見ているときは静まり返る。
話し合いをするときは盛り上がる。
その繰り返しで、どのグループも楽しそうに話し合いをしていました
3月20日④

3月20日③

最後に感想と、これからの誓いを発表
3月20日⑤


あっという間の1日でした。



  By そん

3月19日の出来事 -いってらっしゃい編-

2012.03.21.08:00

先日に引き続き3月19日の出来事を紹介します。
本日は『いってらっしゃい編』です。

昭南病院に勤務されていた山元先生が、
日本を離れザンビアに旅立ちました。

山元先生は日本⇔ザンビアを行ったり来たり
次日本に帰ってくるのは約3か月後の予定です。

日本での最終勤務だった19日には、
病院に大きな垂幕が
山元先生

企画したのはすえっちょ。
その日に考え、その日に作成!
驚くべき行動力です!…が、
漢字を間違えていたことが発覚!
山『本』ではなく『元』が正しい漢字だということです。

すえっちょは、溜め息混じりでとても悔やんでました。

山元先生お気をつけて行ってらっしゃい
山元先生2



   By ソン

3月19日の出来事 -お帰り編-

2012.03.20.00:00

3月19日は『お帰り』『行ってらっしゃい』が同時におこりました。

まずは、『お帰り』編から

昨年4月から進学のために休職していた
大坪看護師が帰ってきました

24歳で准看護師の学校に入学し、
今年はバイトをしながら学校に通い、保健師資格を取得。
すごい苦労人
と勝手に思っていましたが・・・、
「苦労とか大変とか思ったことはないですよ」
と一言
頼もしい限りです

これからの活躍に期待です
大坪さん復帰



    By ソン

H23年度まとめ会

2012.03.19.08:00

看護部による「H23年度のまとめ」発表会が
行われました

①

②

定着しつつある看護部の発表会ですが
今回もカメラマンとして参加させていただきました

今回は看護部に所属する全ての職員が対象で
約80名の参加のもと行われました。

勉強会や発表会を行い、常に自分たちにできることは何か
患者さんに活かせることは何かと考え、話し合い
少しでも業務改善に繋がるように
日々努力している看護部のみなさんは
言葉では表せないほど本当にすごいです


実習生を対象にアンケートを実施しました。
「○○さんのような看護師になりたい」
「昭南病院で働きたい」
「患者さんが元気になって笑顔で退院していくのが嬉しい」
「教え方がとても良く、忙しいときでも
 丁寧に教えてくださったのでありがたかった」
など、今までの努力が結果に結びつき
思わず涙する場面も

③

その後、定年を迎えても昭南病院で働いてくださっている
10名の方々に手紙と花が贈られました

⑤

経験に勝るものはありません
これからも身体には十分気をつけて
看護部を支えていってください

最後はお茶会!
年齢や勤続年数に関係なく
何でも言い合える場を設けるのも
看護部の成長に繋がっているそうです。

そんな看護部のみなさんに院長と局長から
フルーツの盛り合わせが


ここでも栄養科の技術が活かされ
食べるのがもったいないほどの
盛り合わせが用意されていました

⑥

⑦

看護部のみなさん
喜んでもらえましたでしょうか

これからも昭南病院を盛り上げていってください


  By かまとも

糖尿病を正しく理解

2012.03.18.08:00

外来で健康教室が行われました
今回のテーマは糖尿病教育入院についてです。

③

④

①

糖尿病は軽いうちは症状がないのが特徴で、
気づいたときには合併症などになっていることも
あるそうです。

糖尿病には以下のことが効果的だそうです。

・食事療法を守る(野菜を多く、脂肪を少なくする)

・適度な運動をする

・体重を量る(体重が増えていないがチェックする)

・定期的に医師に診察してもらう

・入浴時などに足をチェックする
  (足にタコやひび割れなどがないか)

・ストレスを溜めない(リラックスして毎日笑顔!)


とくに足は、感覚が鈍くなって
湯たんぽなどで火傷をしても
気づかないことが多く、
そこに菌が付着して悪化することもあるそうです

昭南病院では糖尿病に力を入れており
糖尿病を正しく理解していただくために
教育入院を行っています。
入院になったからといって暗くならずに
前向きに、笑顔で一緒に
治療をしていきましょう

と外来の看護師さんが話してくださいました。

⑤

相談も受け付けています

農家の(家畜がいて長く休めない)方、
仕事が忙しい方でも気軽に参加できるように
二泊三日で行っています。

次回は4月26日(木)~28日(土)です
詳しいことは当院外来の看護師に
お尋ねください

みなさん、症状がなくても定期的に
検査を受けて健康維持に努めましょう


   By  かまとも

在宅検査に行って来ました!

2012.03.17.08:00

放射線科の熊谷技師長と検査室の職員と一緒に
病院近辺の入所施設に行ってきました

リフト車にレントゲンと心電図の機器を乗せて出発
⑤

②

⑥

レントゲンは車イスに座ったまま行うので
背中に専用のパネルを挟みます。
③

④

小さいモニターも設置され準備完了

利用者様としては慣れない検査だったと思いますが
笑顔で明るく、丁寧に接する職員を見て
利用者様もリラックスしながら
検査を受けているようでした

今回、初めて入所施設にお邪魔させていただきましたが
みんなでテーブルを囲んで話をしたりテレビを見たりしていて、
とてもアットホームな雰囲気のある施設だと感じました

  by かまとも

突然の朗報!

2012.03.16.08:00

昨日の曽於市はとってもいい天気でした

そんな、ぽかぽか陽気の日に。
事務所がワッ!とわく朗報が突然やってきました!

朗報を届けてくれたのは、4月より入職する大坪さん
現在は研修という形で一緒に働いています。
大坪さん①

朗報とは何か…、それは
社会福祉士試験合格です!

報告を受けた鶴田局長が事務所の職員に発表
そして、照れる大坪さん

局長からのご褒美は駄菓子でした
大坪さん③

そこへ、たまたまやって来た院長
合格祝いに記念撮影
大坪さん②

大坪さん曰く、
「あのお守りがあったからです」
嬉しい一言でした!
みんなでお参りに行った甲斐がありました。
そして、お守りと共に大坪さんを支えたのが、
地域連携室の2人の写真
応援同僚

大坪さん本当におめでとうございます!
これからの活躍を期待してます!
大坪さん④



    By  ソン

原田学園グループ 企業ガイダンス

2012.03.15.08:00

原田学園さんの“校内企業ガイダンス”に参加してきました。
今回は、昨年3月に同校を卒業した職員 園田さんも一緒です。

学校に着くと色んな方が声を掛けてくれました。
色んな先生から声を掛けてもらった園田さんはとても嬉しそう
卒業生に会った先生方も嬉しそう
見てる私も嬉しくなりました

とっても気さくな先生と一枚
原田学園ガイダンス①
写真に写っている先生は昭南病院と非常に縁のある先生なんです


企業ガイダンスは、
午前 企業PR(プレゼン)
午後 ガイダンス

のプログラムで行われたのですが・・・、
午前は、200~300人の生徒の前でのプレゼンだったので
非常に緊張しました
原田学園ガイダンス②

午後は沢山の学生さんが昭南病院のブースに寄っていただきました。
真剣に話を聞く学生
話をする私も力が入ります
気付けば2時間半喋りっぱなし
帰りには声がガラガラでした
原田学園ガイダンス④

原田学園ガイダンス③

原田学園の教員の皆様、
真剣に話を聞いて頂いた生徒の皆様
ありがとうございました。



  By  そん

現任1年目 育成計画評価会

2012.03.14.08:00

夕方、食堂で発表会があるから撮影してほしいということで
カメラを持ってお邪魔させていただきました

食堂では「現任1年目 育成計画評価会」が行われていました

みなさま、覚えていらっしゃいますでしょうか
今月5日には現任2年目の看護師による「頑張ったで賞」会
行われていました。

今回は1年目の看護師とその看護師を指導してきた
先輩看護師による発表会でした。
この1年で感じたこと、学んだこと、目標と反省、今後の課題などを
それぞれ発表していきました。
1年目②

そして各病棟の師長からの「頑張ったで賞」の表彰がありました。

表彰が終わり、佐多教育担当師長からは入職直後の研修風景のスライドが
1年目⑥

その後、中留看護部長から「ありがとうの力」という
本に基づいた話があり、全ての発表が終了しました。
1年目④

最後はみんなでお茶会
透析室のバリスタにみなさん感動です。
1年目⑤


発表してくださった笑顔あふれる看護師のみなさんの
これからの成長と活躍を期待しています


  By  かまとも

すまいる 2012年春号

2012.03.13.08:00

スマイル 2012年春号できました

今回の表紙は、
中留新看護部長のご挨拶

医療連携便り、栄養科からのおすすめレシピの紹介などの
内容となっております。

スマイル2012年3月

昭南病院のホームページでは
まだご覧いただけませんが、
ホームページで閲覧可能となった際は
またご案内いたします。


   By   ソン

落ちこぼれ

2012.03.12.08:00

少し前に初めて詩集を購入しました

落ちこぼれ   茨木 のりこ

茨木のりこさんは15歳で開戦を、19歳で終戦を迎えました。
戦時中、戦後の体験が詩に表れているようです。

戦争への怒りを女性の視点からうたった
『わたしが一番きれいだったとき』は、
反ベトナム戦争運動が活発だったアメリカで、英詩になおされ
曲をつけてうたわれていました。

そして私に一番響いたのは、
『自分の感受性くらい』

一節を紹介します
駄目な事の一切を
時代のせいにはするな
わずかに残る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ


ネットで検索してもらえば
自分の感受性くらいの全文を見ることができますので、
興味のある方は検索をどうぞ


   By ソン

3月11日を迎えて思う事

2012.03.11.08:00

あれから1年がたちました。

平成23年3月11日 午後2時46分。
朝戸院長を始め愛誠会スタッフ5名は
東京 新橋のビルの16階でセミナーに参加していました。

セミナー中に地震が発生。
大きく揺れ、建物は軋み、天板は崩れおちてくる。
窓から見える高層ビルは大きく歪み波打っている様がはっきりとわかりました。
いつまでも収まらない揺れに、
一月前に発生したニュージーランドの地震を思い出しました。
あの時の恐怖、光景は忘れることはないと思います。

東北では沢山の方が亡くなりました。
沢山の悲しみが生まれました。
表現しきれないほどの怒り、無力感、悲壮感…。

そんな震災の中でも、
日本人である事を誇らしく思える幾つもの話を耳にします。

自分の家族の安否も判らない中で、住民のために動き続ける役所の職員。
逃げてきた住民の避難場所にと、自分の経営するホテルを開放する女将。
グチャグチャの店内から商品を入り口に並べ、
翌朝一番に開店したコンビニエンスストアー。
そして、買い占めをせず必要な分だけを購入する被災者。

自分自身も被災者のはずなのに、
周りを気遣う行動をとる被災地の方々に日本人の素晴らしさを見せて頂きました。

環境は人を育てるといいます。

東北の苦しい今の環境は、
未来の人財を育てていると思います。

一方、私達はどうでしょうか。

何かあれば、自分以外に指を向け「誰が悪い」「何が悪い」などと
不満を並べ、本気とは程遠いレベルで生きている。

恥ずかしいのと申し訳ない気持ちで一杯になります。

あれから1年を迎え、
改めて被災された方々に哀悼の念を捧げますと共に、
残された方々が様々な協力の下、
素晴らしい故郷を作っていくことを心から祈っております。



医療法人愛誠会昭南病院 スタッフ一同


走れ!しょうなん号

2012.03.10.08:00

病院で働いていると沢山出張の機会があります

この日も、出張に出かける面々が・・・。

意気揚々と乗り込んだのは8人乗りの普通乗用車

「多人数での出張に使えるように」と思い購入したばかりの車両です。

この日は、看護部長を始め3名で病院を出発し、
途中、2名の職員と合流し、合計5名で佐賀に向かうという事でした。
P3086293.jpg

とりあえず安全運転で
いってらっしゃ~い
P3086294.jpg



     By   そん

色んな物がハンドメイド

2012.03.09.08:00

昭南病院内に掲示している広告物のほとんどは
手作りで作成しています

そして、お客様を迎えるこんなものも。
P3086295.jpg

そして、お菓子を食べると見えてくるのが、
『ようこそ 昭南病院へ』
P3086296.jpg

そして、
この器の下に敷かれているプレート。
これももちろん手作りです
P3086297.jpg

ここにもメッセージが!
P3086298.jpg

これに感激して、
持って帰られる方も大勢います

しょうなん流の『おもてなし』の紹介でした



       By  そん

大久保寛司氏院内講演会

2012.03.08.08:00

昭南病院で大久保寛司さんの講演会を開催しました。
院内講演会2

今回の講演会は、1月に病院職員が大久保さんの講演会に参加したことが
きっかけで、病院内で行うことになりました

今回の講演会は、業務後の18:00スタートにもかかわらず、
150名超の方が参加していました!
院内講演会1

色々と心に響く話がありましたが、
自分の中で一番印象に残ったのは、
『あるべき姿を語るのではなく、あるべき姿を実現することが大事である。』
という事でした。
100%実行することは難しいかもしれませんが
私もその様な姿勢を持ち、業務に活かしたいと思いました。

それから、
『やらない事は、知らない事と一緒だという事。』
とても衝撃的でした。
自分としては、情報収集はこまめにしているつもりでしたが、
集めるだけでは…、と思いました。
院内講演会3

楽しみにしていた今回の講演会ですが、
とても楽しみながら聞かせて頂きました。
気が付けば19:30を過ぎており、あっという間の1時間30分でした。

遠路はるばる鹿児島まで来て下さりありがとうございました


    By   まさっキー

IVRに潜入

2012.03.07.08:00

朝戸院長の得意分野はIVRです
とはいっても滅多に処置を見ることはありませんが。

今回IVRCTをCT室で行うという事でお邪魔してきました。

ところで、このIVRという処置ご存知ですか?
アンギオとも、血管造影とも言います。

足の付け根や、腕などから細い管(カテーテル)を血管の中に挿入します。
挿入された細い管は血管を通って目的の場所まで
どんどん挿入され続けます。
そして、目的の場所についたら造影剤を血管の中に流し込む。
造影剤は血の流れによって各部に流れていきます。
造影剤にはX線を通しにくいという性質があるあるため、
造影剤を流し込んだ個所をX線で撮影すると
血管の様子がはっきりわかるというものなんです

体を切り開かずに血管の様子が見れるという
驚くべき手技です

まったく見えない血管の中に管を通すわけですから
相当な技術を要するとのことです。

昭南病院のCT室はIVRCTが出来るように広めに作られています。
救急室でも緊急処置が出来るように作られているということでした。
P3016083.jpg

私がCT室へ行った頃にはほぼ準備が整い、患者さんが搬入される寸前でした。
そして本番を前にして、気合を入れるMOSTリーダーの背中
P3016091.jpg

患者さんが搬入されると、スタッフはテキパキと自分の役割をこなしていきます。
P3016095.jpg

P3016097.jpg

全ての準備が整うと、朝戸院長が登場
P3016109.jpg

手技が始まると、流れるように進んでいきます。
見ていた私は思わず
「MOSTすごい!放射線科すごい!」
と若干興奮

所々でCTの撮影も行いながら40分程度で手技は終了です。

朝戸院長や、永岡主任に伺ったところ、
近隣の病院でIVRCTができる医療機関は多くないらしいです。

昭南病院の力を思い知らされました


    By   そん

3月の健康教室

2012.03.06.08:00

24年3月の健康教室のご案内です。

24年3月の健康教室は、
7日(水)  健康診断について
15日(木) 糖尿病教育入院について
27日(火) 肝臓の働きについて

の予定です。

いずれも、AM10:00から
外来待合室フロアーで行われますので、
上記の日に来院された方は是非お立ち寄りください

24年2月の健康教室


    By   ソン

がんばったで賞

2012.03.05.08:00

「発表会するから写真を撮りに来てね
と言われ、食堂に行ってみると…。
頑張った1
現任2年目『がんばったで賞』会を行っていました

対象は、現在看護師2年目の皆さんです。
2年目を振り返り、目標としてきたこと、反省点、これからの展望など
発表していきます。
そして、今まで指導をしてきた先輩看護師からは、
今まで指導してきて気づいた点を優しく、厳しく伝えます。
がんばった3

発表者の話を聞く他の職員もとても真剣です。
がんばった2

2年目看護師全職員の発表が終わり、
佐多教育担当師長からは
「覚えていますか?」とのスライドが…。
スクリーンに映し出されたのは、2年前の入職直後の研修風景
がんばった4

「あの時は互いに腕を出し合い注射の練習をして…」
映し出された2年前の姿に見入る職員。
がんばった5

佐多師長の発表も終わり、全発表終了
と思いきや、サプライズ
今日の発表会は、がんばったで『賞』会です
病棟師長から頑張りを称え表彰状を準備していました。
がんばった7

病棟師長も一人一人の成長を振り返りながらコメントをしていましたが、
どの師長の目にも涙
がんばった6

最後は、みんなでお茶会。
今回はケーキを準備していました
がんばった8

みんなで食べるケーキ!
美味しかったでしょうね!
私も貰っちゃいました!
がんばった9

今日発表してくださった看護師は、現場を支える大切な宝です
これからの成長に益々期待です!


    By   ソン

メンタリングマネジメントセミナー

2012.03.04.08:00

大分の広報担当者実務者会議で様々な方のお話を聞いて
大きな刺激を受けて帰ってきましたが、
(病院広報担当者実務者会議 IN 大分の様子は→ こちら
その翌日には、鹿児島市内で行われた
メンタリングマネジメントセミナーに参加してきました。
DSCF2917.jpg

講師は福島 正伸先生です。

私、大好きなんです
福島先生の講演が本当に元気になる
ブログでも本の紹介をさせて頂いていますし
昨年8月は講演会にも行ってきました。
12月に紹介したドリプラの主催者も福島先生です。

今回のセミナーには、
すえっちょ、りえねぇ、ゆうくん、私の4人で参加

初めて話を聞いたゆうくんには衝撃だったみたいでした。

福島先生のセミナーに集まる人は本当に熱い人ばかりです。
セミナーの途中では、いたるところで名刺交換が行われているし、
面識がない人同士が楽しそうに話をしていたり…。

りえねぇは横に座っていた方が、
青森に住む友人の知り合いという事が判明しビックリ

本当に楽しい学びの場でした


先生の話は今回も良かったです。
印象に残っている話は沢山あるのですが、少し紹介させて頂きますと
・原因はどこにでも作れる
 →原因をどこに求めるのか、自分?自分以外?他人のせいにしても
  解決はしない。
・他人、過去、環境は変えることはできない
 →上記の要素に依存することを『他者依存』。他者依存の人は
  変えられい環境に依存するためイライラ、不満が続く。
 『他者依存』の反対は『自己依存』。
・『ピンチ』か『チャンス』かは自分で決めている。
 →チャンスにできないことはない。
  だから『チャンス』と思えば『チャンス』の理由が見つかる!


今回も充実したセミナーでした。



       By そん

今日はひな祭り

2012.03.03.08:00

3月3日はひな祭り

昭南病院でもお雛様が飾られています

場所は、4階エレベーター前
4階ひな祭り

4階病棟は、院内に居ながら四季を感じることができます。

ひな壇

お雛様

お内裏様

3月3日を過ぎてもいつまでも飾っておくと
婚期が遅れると言われています

我が家は、先週末にひな人形を出したばかりです
もう暫くは出しておくつもりです…


   By  そん


医療講演会が開催されました

2012.03.02.08:00

昨日、大隅地域振興局主催の医療講演会が当院で開催されました。
参加者は約50名でした

地域医療連携室のスタッフも志布志、鹿屋保健所の皆さんのお手伝いで参加です。

講演会の内容は
当院の理学療法士・田淵さんの
『自宅でもできるリハビリ』
田淵君

神経内科医・高橋先生の
『知っておきたい!
 パーキンソン病・脊髄小脳変性症・多系統委縮症について』

高橋先生

参加者の皆さんも積極的に参加され、
質問タイムも予定の時間をオーバーするほどでした

私達もソーシャルワーカーとして
皆さんの少しでもお役に立てればと思いました。

参加者の皆さん、おつかれさまでした


      By たけちゃんマン
プロフィール

しょうなん♪

Author:しょうなん♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR